ポリピュア 成分

ポリピュアの成分を解析!!

 

薬用ポリピュアEXは医薬部外品の育毛剤です。つまり厚生労働省からの認可を受けている育毛剤と言うことですね。そのため一先ずは危険すぎる成分などは入っていないだろうという安心感はあります。ポリピュアのボトルには成分の表示はされておらず、付属の「新発毛読本」に成分が表示されています。まずはポリピュアの全成分をご紹介します。

 

【ポリピュアEXの全成分表示】

精製水、エタノール、ポリリン酸ナトリウム、ニンジン抽出液、1,3-ブチレングリコール、酵母エキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、フェノキシエタノール、チョウジエキス、L-メントール、ユーカリ油

 

この中でも有効成分と言われるのが「ニンジン抽出液」「グリチルリチン酸ジカリウム」の2つです。ニンジン抽出液は、オタネニンジンの根から抽出した成分で、毛乳頭を囲む成分の活性化に良いと言われます。また、グリチルリチン酸ジカリウムは医薬部外品の育毛剤には多く見られる有名な成分で”生薬の王”と呼ばれる甘草(かんぞう)の根から抽出されています。主に抗炎症成分で頭皮の環境を正常化するために配合されています。

 

その他にも「チョウジエキス」というものが含まれていますが、これは5αリダクターゼの抑制に働きかけると言われている成分です。5αリダクターゼというのは、AGAの知識に詳しい人はご存知かと思いますが、端的に言うとAGAの原因である「ジヒドロテストステロン」という脱毛ホルモンを生み出す酵素の名称です。簡単なAGAの原因と言われる流れをご紹介します。

 

  1. 「血液で男性ホルモン(テストステロン)が毛乳頭へ運ばれる」
  2. 「毛乳頭にある5αリダクターゼがテストステロンを変換する」
  3. 「テストステロンが変換されてジヒドロテストステロンになる」
  4. 「ジヒドロテストステロンが毛乳頭の細胞活動を抑制する」

 

つまり、2番目のテストステロンが変換されるのを防ぐのに良いと言われるのが、チョウジエキスというわけです。チョウジエキスの主成分である”オノゲノール”という成分が5αリダクターゼの変換活動を抑制すると言われているのです。

 

最後に最大の特徴でもあるのが「酵母エキス」です。これはポリピュアがEXになって新配合されたバイオポリリン酸のことであり、ナノサイズ化されたポリリン酸のことです。髪のエンジンである毛乳頭細胞の持続効果を世界で始めて確認できた成分です。細胞持続力がUPすれば、髪の成長期が伸長されて、より抜けにくく育つ髪の毛になると言うことです。バイオポリリン酸は今後は髪だけでなく、人工皮膚や歯・骨などの再生医療としても注目されています。医学博士が新開発したバイオポリリン酸は、薬用ポリピュアEXの最大の特徴となる成分なのです。

 

だらだらと長くなってしまいましたが、ポリピュアが選ばれている理由というのは他にはない独自の技術による成分が沢山配合されていることです。毛乳頭に働きかける事をメインとしたポリピュアの成分で、あなたも育毛を始めてみませんか?私も多数の育毛剤を愛用してきましたが、今はポリピュア1本に絞って育毛に取り組み、少しずつ生え際の薄さが解消されてきています。全額返金保証も付けられていますので、まだの方は試してみてください。